プロペシアは即効性の薬ではなく、飲んですぐ毛が生えたり、抜け毛が止まったりはしません。

そうかといって、効果が出るまでの期間が6ヵ月…( ꒪⌓꒪)

薬を飲んだのに、何でそんなにかかるんでしょうね。その理由や、効果をもっと早める方法などを書いていきます!

プロペシアは効果が出るのに3~6ヵ月かかる

プロペシアを飲み始めた人にとっての最大の関心事、「効果はいつ出るのか」について、添付文書にはこう書かれています。


引用元:プロペシア添付文書

効果が確認できるまでには、6ヵ月ほどかかります。でも、早い人なら3ヵ月ほどで効果が現れるかも、ということですね。

ただ、これは見込みというより目安です。実際には個人差が大きく、遅い人では目安の倍、1年以上かかったりします。

さらに、栄養不良やストレスなど、生活習慣から髪が伸びにくい状態になっている人なら、
もっと長引く可能性も(;・∀・)

こうしたプロペシアの特性については、飲む前に知っておくべきでしょう。6ヵ月かかることを知らないと、1ヵ月や2ヵ月で見切ってしまうかもしれません。

そんなことをしたら、せっかくの毛が生えるチャンスを自分で摘み取ることになりますからね。

ところで、プロペシアの効果はどうして6ヵ月後なの?頭痛薬なんかその日のうちに治るのに。

効果が出るまでの期間が6ヵ月もかかる理由って何?

プロペシアには、髪の毛を早く伸ばす作用はありません。AGA(男性型脱毛症)による抜け毛を止め、再び成長し始めるきっかけを作ります。

そのあとは髪が持っている成長力次第。伸びてくるのを待つしかないのです。

6ヵ月の間に何が起こっている?

飲んだプロペシアが毛根に働きかけ、それに反応して抜け毛が止まり、新しい毛が成長を始めるだけでも時間がかかります。

毛根の状態は1本ずつ違い、成長を始める時期もバラバラ。すぐ伸び始める毛もあれば、2~3ヵ月かかる毛もあります。どちらが多いかで結果も変わるはず(´-`).。oO

伸び始めても1日0.2~0.3㎜、1ヵ月1cmほどしか伸びません。目に見えるほどに伸びるだけで3ヵ月以上かかるのです。

ここまで順調にいっても6ヵ月かかるということ。すぐに伸び始める毛が多い人では、3㎝程伸びる期間=3ヵ月ほどで効果が見えるでしょうね。

6ヵ月で効果が出ない人はどんな人?

偏食やダイエットで栄養が十分でない人では、髪の成長も悪くなります。

また、頭皮の血行が悪かったり、皮脂が多すぎる人でも同じ。

他にもストレス、睡眠不足など、髪が成長しにくい環境にある人では、プロペシアを使っても効果は出にくくなります。

毛根の反応も鈍く髪の成長力も弱いので、効果が見えるまでの期間は長くなりがち。効果がなかなか出ない場合、こうしたことが影響している可能性があります(;’∀’)

プロペシアの効果が出るまでの6ヵ月間。その間、外観ではどんな変化が?

プロペシアの服用でAGA治療効果が見えてくる過程

プロペシアのAGA治療効果はどんな形で見えるようになるのか、時間を追って変化を見ていきましょう。

飲み始め~3ヵ月

飲み始めから3ヵ月ほどの間は、プロペシアの本領が発揮され始める時期。つまり、抜け毛が次第に減ってきます。

プロペシアは脱毛ホルモン・DHTを減らして髪の成長期間を延長させます。その結果、AGAで成長が止まり、休止状態から抜け毛になっていた毛が減ってくるんです。

そして、3ヵ月目の末ごろには、細く弱々しい産毛が生えることも。

髪の成長が正常化される時期に起こる抜け「初期脱毛」も、だいたいこの時期に起こります(;´Д`)

4ヵ月~6ヵ月

この間が、最も変化が大きい時期になります。

抜け毛はほとんど平常レベルになり、産毛が伸びてきます。あまり見えなかった細く短い毛が、伸びてくると効果が実感できるように。

他の髪も根元から太くなり始め、髪の量が増えてきます。

見た目にも変化し、周囲からそれを指摘されたりします(ง`0´)ง シャッ

これだけの変化があると、やっとプロペシアの効果に気づきます。こういった時期がおおよそ6ヵ月後ということですね。効果が見えて、一定の区切りを迎えます。

7ヵ月~1年~

プロペシアの効果が見えてから後は、後退していた前頭部が埋まってきたり、髪のボリュームが出てくるなど、次第に普通の状態に近づきます。

1年もすると、透けた部分も少なくなり髪の量も増え、自分でも満足できるレベルに(✧◡✧)

そろそろ安定期、現状維持の時期に入ります。人によってはプロペシアの減量を考えたり、止め時を模索し始める時期。

でも、改善したからって油断するとすぐに元に戻ります!

根気よく続けることが大切なんです。

6ヵ月たって効き目が出なかったらどうする?

プロペシアを6ヵ月使って何も効果がなかったら、その時はやめ時です。添付文書にもその旨記載があり、効果がないまま続けても意味がないということですね。


引用元:プロペシア添付文書

ただし、ここでいう効果とは抜け毛の進行を抑えること。毛が生えたり増えたりすることではありません。抜け毛はあっても、減りさえすれば効果は出ています。

抜け毛の減少は青信号( ✧Д✧) カッ!!

迷わず続行しましょう。続けていれば、1年以上も経ってから髪が増えてくる可能性は十分あり。

でも、ここで判断を誤って止めてしまうと、髪が復活するチャンスは失われます。

悪化するのは何が原因?

半年たっても抜け毛が増え続け、悪化しているようなら中止します。そして、その後の対処は簡単ではありません。

効果がない理由としては、効きにくい体質、ハゲ過ぎ、生活習慣など。そのほかAGAではない別の脱毛症が考えられます。

原因を特定しないと対処もできず、かといって自己判断も難しいですから、ここは皮膚科で相談ですね。対応も必要なので、医師の診察を受けるのが安全確実です。

プロペシアに即効性は望めないけれど、もう少し何とかならないものでしょうか。

プロペシアの効果を早める方法はミノキシジル併用

AGAの改善には、脱毛抑制と髪の成長という2つの作用が必須です。

プロペシアは、AGAを起こす脱毛ホルモンDHTの生成を抑え、抜け毛の進行を防ぎます。

髪の成長については、DHTが乱した成長サイクルを正常化することで、間接的に髪の成長が望めるだけ。発毛作用がないのがプロペシアの弱点なんですね。

この弱点を、発毛作用を持つミノキシジルが補ってくれます。

ポイント!併用すれば、プロペシアの抜け毛対策に発毛作用が加わって、相乗的な改善効果が期待できます。

ミノキシジルは血管を拡張して血流を改善、毛乳頭・毛母細胞を活性化して発毛を促します。

髪の成長力だけに頼るよりも、効果の実感ははるかに早く感じられるでしょうね。

併用するなら安全な外用がおすすめ

ミノキシジルには内服と外用がありますが、併用するのであれば副作用が起きにくい
外用(リアップなど)がおすすめ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

それでもリアップの副作用発生頻度は8.82%とかなり高く、症状も一般的なかぶれ、湿疹などのほか動悸、頻脈、不整脈などの症状が並びます。

内服のミノキシジルタブレット(略称:ミノタブ)になると、身体の内側からの作用なので狭心症、心肥大など激しい症状が予想されます。

プロペシア自体の副作用にも性機能や肝機能の低下などがあり、副作用の相乗効果も相当なもの;゚Д゚)ヒィィィ!!!

もしミノタブと併用するのなら、安全確保のためクリニックで処方してもらいましょう。

併用すればM字ハゲの改善も期待できる

額の両脇のM字部分は、脱毛ホルモンのDHTを生成する酵素が多い部分。つまり抜け毛、薄毛が起こりやすい部分です。

さらに、血管が少なくて栄養も届きにくく、毛の成長にも不向き。抜けた毛の回復も難しい場所になります。

ハゲやすく生えにくい髪の不毛地帯。

こんな場所でも、プロペシアの作用で脱毛を抑制、ミノキシジルの発毛力で髪を増やしていきます。併用だからできる力技ですね。

ただし、頭頂部の薄毛よりは、改善に時間がかかります。理由は、血管が少なく皮膚も固くて生えにくいという悪条件。

併用パワーでも、M字攻略は難しいことなんです。

生活習慣の改善と併用すればより効果的

プロペシアとミノキシジルという最強の組み合わせでも、周囲の環境がよくないと効果もイマイチに。逆に、髪が成長しやすい状況が整ったところで薬を使えば、その効果はより高められます。

例えば、生活習慣の見直し・改善です。以下のようなことに気を付けて生活するようにしましょう。

生活習慣の改善

  • 髪の栄養を確保できる食生活
  • 血行不良を招くタバコをやめる
  • 夜更かししない
  • 運動不足の改善
  • ストレス解消
  • また、髪が生える基礎である、頭皮の環境改善も大切です。

    例えば毎日頭皮のマッサージを実行すれば、血行が良くなり健康な頭皮に変わっていきます。

    一見地味なことですが、毎日習慣的に実行しているうちにプロペシアの効果を高めてくれるでしょう(✧◡✧)

    プロペシアで一定の成果が出たあと、たいていの人が止めることを考えます。

    プロペシアはいつまで飲み続けなければいけない?

    プロペシアの効果は実証試験でも認められていますが、その作用はAGAの原因DHTをなくすものではなく、一時的に生成を抑えているに過ぎないのです。

    ポイント!「髪が増えたからもういいだろう」と思ってプロペシアを止めると、抑えがとれたDHTが一気に生成開始。そうして再び抜け毛が増え、薄毛に戻っていきます。

    つまり、プロペシアはやめられない薬ということです。

    これは、必ず毎日飲むという飲み方にもいえること。プロペシアは飲んで24時間で体から出ていきます。

    毎日飲まないと空白状態ができ、その間にたちまちDHTが作られます。プロペシアは休んでもいけない薬なんです。

    止める時はこんな時

    基本的に一生もののプロペシアですが、例外的に止めなければいけない時があります。それは、副作用が出た時か、効かなくなった時。

    副作用が出た

    プロペシアには特徴的な副作用があります。一般的なかゆみ、蕁麻疹、発疹に加え、生殖機能、肝機能低下、抑うつ、女性化乳房など。

    発現率が高いのは性欲減退で1~5%もの発生率と言われています。こんな症状が出たら止めるしかありません。

    後遺症の心配もあるので、症状が出たらすぐ止めて医師に相談です。

    効かなくなった(耐性)

    プロペシアを飲んでいるのに抜け毛が増えてきた。。。

    体が薬に慣れて効かなくなる「耐性」かな?と思うのが順当なところですが、実のところプロペシアの耐性には、はっきりした根拠がありません。

    でも、「効かなくなった」という人がいるのは確かです。海外の調査では、10年使った人のうち、14%が「悪化した」と言っています。
    引用元:Bernstein Medical

    現状では判断しかねますが、途中で効かなくなるのは耐性とは限りません。他の病気の可能性も大きいので、いずれにしても抜け毛が増えたら医師に相談ですね。

    育毛剤で肩代わりする

    プロペシアである程度の成果が得られた後、その状態をキープできる方法があればプロペシアはやめられます!

    増えた毛が減らないように、引き続きDHTの生成を抑えられればいいわけですよね。その作用を持つ育毛剤はいくつもあり、それを使えばプロペシアは不要に。

    例えばイクオスやチャップアップです。医薬品ではないので作用は緩やかですが、多くの成分をDHTの抑制に充てています。しかも副作用はなく安全。

    初期の薄毛で現状維持程度なら、プロペシアの代わりは十分務まるでしょう。

    基本的に長期間使用するプロペシアは、安いに越したことはないですよね。

    長期使用ならプロペシアのジェネリックが安上がり

    長期使用するAGA治療薬では、健康保険が効きません。なので、安く買えるジェネリックは非常にありがたい存在です。

    プロペシアはメルク社(日本名はMSD社)が開発した先発薬で、すでにファイザーを始め、国内メーカー8社ほどがジェネリックを出しています。

    AGAクリニックでは、ジェネリックの扱いはファイザー製が多いようです。その他のメーカーはまだ多くないのか、あまり目につきません。

    クリニックごとの薬代比較

    主なクリニックの薬代だけを拾い出しました。

      プロペシア ファイザー1㎎
    浜松町第一クリニック 6,500円 4,300円
    AGAスキンクリニック 7,560円 6,480円
    銀座総合美容クリニック 7,560円
    ヘアメディカル 7,020円 6,480円
    湘南美容外科 7,020円 6,480円

    (1ヵ月分:消費税込み)

    ファイザーのジェネリックは、浜松町第一クリニック以外は14%~7%安いだけ。浜松町は33%安くなっていて、ジェネリックならこれぐらい安くないとね。

    処方価格
    サワイ1㎎ 4,300円
    トーワ1㎎ 4,300円
    クラシエ1㎎ 4,800円



    他のメーカー品はデータが少ないんですが、4,300~4,800円程度。ファイザー製は少々高く、それ以外のメーカー品がジェネリック的な値段といった傾向です。

    輸入品は激安だけど要注意

    個人輸入サイトではインド製のジェネリック、フィンペシアが人気です。何といっても安いのが特徴です。

    オオサカ堂の価格で、100錠あたり2,900円前後。

    1ヵ月分に直すと約880円という激安価格です。クリニックで処方するプロペシアの、1割ちょっとという値段になります。

    すごく安いんですが、海外製の医薬品には危険が伴います。

    偽物や粗悪品の混入があること、危険な成分が使われている可能性、医師の指示・指導がない、何があっても自己責任、など( ꒪⌓꒪)

    激安価格についてくるこれだけのリスク。かえって高いものになるかもしれませんね。

    まとめ

    プロペシアは抜け毛抑制の効果が認められているAGA治療薬です。特効薬ともいえる確かな効き目を持ちますが、効いてくるまで半年待ちが普通とか(;^ω^)

    それも目安であって、1年以上かかる可能性だって十分あるんです。

    ミノキシジルとの併用で早くはなりますが、それで効果が出たとしてもやめると元通り。なので、その後もずっと長いお付き合いになります。

    厄介な副作用もあるので、個人輸入よりも医師の処方で続けるのが一番安心。費用が心配ならジェネリックの処方もありますし。

    または、一定の効果が見られて安定したら、安全な育毛剤への乗り換えという選択肢もあります。いずれにしても長丁場。安全第一でいきましょう(´-`).。oO