リジュン(RiJUN)をドラッグストアやバラエティショップで探しても、
どこにも売ってなかった…(´;ω;`)ウッ

リジュン(RiJUN)は販売店には置かず、“ネット通販限定”の販売です。それも公式サイトだけ。

どうしてそんな遠慮がちな売り方なのか、市販しない理由を徹底調査しました!

リジュンの公式サイト ⇒

リジュン(RiJUN)がドラッグストアなどに置かれない理由

リアル店舗で売らないほうが、メリットが見込めるから。

具体的にいうと、

ポイント!

  • 費用が少なくてすむ
  • 在庫が少なくてすむ
  • 品質がいいものを作れる
  • 店舗にできないサービスがある

といったことが挙げられます。

通販限定だとコストダウンできるから

店で売るためには、リジュン(RiJUN)を店舗の売り場に並べなければいけません。そうすると工場から店までの流通費用が、エンドレスで発生し続けます。

運送費や流通拠点にかかる諸経費、人件費など、そのための費用は多種で多額です(;´Д`)

一方、店頭でお客に手に取ってもらうには、商品のことを知らせる広告宣伝が必要。店で売り場を確保するための、営業・販促費などもかかってきます。

まだまだありますが、こんな流通費用は通販にすれば削れます。販売元とお客さんが直結しているので、中間で発生する諸費用がカットできるんです!

これで浮いた費用は利益に回ったり、あるいは品質を良くするとか、値段を安くして競争力をつけることにも使えます。

通販限定だと商品在庫が少なくて済む

商品在庫は資金が形を変えたもの。

在庫が少ないほど、資金(≒借金)が少なくてすみます( ´∀`)bグッ

店に並ぶ展示品や、物流ルート内の流通在庫、出荷に備えるストック品などは、売れるまで滞留在庫として存在。資金の流れが止まった状態です。

販売元とお客さんが直結した通販では、販売元で売り切れしない程度の在庫があればOK。余分な在庫品を作る資金が他に回せ、効率的にお金が使えます。

通販では商品の流れが単純で、在庫・生産管理がしやすく受注生産さえ可能に。この面でも、見込み生産では多くなる在庫が、大幅に減らせるメリットがあります。

品質がいいリジュン(RiJUN)が届けられる

流通経路が単純な通販では、リジュン(RiJUN)が作られて消費者に届くまでの時間が短くなります。

品質が劣化する時間もないので、添加される防腐剤、保存料などを省略できます。

結果的に、刺激が少ない無添加のリジュン(RiJUN)が作れることに!!

店舗で販売する商品ではこうはいきません。工場で作られた直後から出荷待ち、受注待ちを繰り返します。高温や日光などで、保管条件が悪い場所もあるでしょう。

このため、品質が落ちないように添加物が使われることになるんです。

店舗ではできないサービスを付けられる

通販には、通販特有のお得なサービスがあります(∩´∀`)∩

例えば、定期コースとか全額返金保証、サポートサービスなど。

このようなサービスは、どれも個人別に対応する必要があり、しかも使っている間ずっと続きます。システム的に個別データが管理できる、ネット通販だからできること。

ドラッグストアや量販店には、不特定多数の人が来店します。そして扱う商品も膨大な量。その中でごくわずかな育毛剤のお客さんだけに、手数はかけられません(;´Д`)

市販の店舗にはマネできないサービスを持ち、これを使えばお客さんを囲い込めます。大規模店にお客さんを逃がさない、強力な武器になるんです。

リジュン(RiJUN)のネット通販は楽天市場かアマゾン?

いつもネットで買い物する人なら、リジュン(RiJUN)を買おうと思ったら習慣的に楽天市場かアマゾンで探すでしょうね。

でも、残念ながら今のところ楽天にもアマゾンにもありません!

Yahoo!ショッピングでも取扱いなし。

現状では、楽天、アマゾンといったショッピングモールでは売られていないみたいです。

リジュン(RiJUN)が大手ネット通販サイトにない理由

ショッピングモールでも売れば、それだけ数も出るでしょう。何といっても訪れる人が多いので、PR効果も期待できるはず。

他の育毛剤では、正規販売元が出店している例もあります。

リジュン(RiJUN)はどうしてショッピングモールで売らないのか?理由を推理しました。

楽天やアマゾンでは出店料が負担になる

ショッピングモールで商品を売ろうとすれば、場所代(出店・出品料)が必要です。

費用はモールによって個性があります。月額固定費と売上比例費の組み合わせで、アマゾンは売上比例費が多く楽天は固定費が高いといった感じ。

いずれにしても、少なくとも売上の10%弱、多くはそれ以上を支払います。

その出店料は値段に上乗せせざるを得ません。すると、公式サイトよりは、どうしても値段が高くなります( ´゚д゚`)

もっとも、公式サイトを運営する正規販売元は、出店料を広告費と割り切ります。そして、値段は公式サイトと同じにするのが普通です。

この出品料負担を考えると、今のところはリジュン(RiJUN)は出店しにくい状況なんでしょう。

知名度がまだ高くなく、出店料に見合う売上が見込めないのかも…(;・∀・)

リジュン(RiJUN)は利益が出しにくい価格構成

リジュン(RiJUN)を通販サイトで売るためには、販売元以外は仕入れが必要。

販売元のミスミ製薬では卸売りはしていないようなので、一般購入者として安く買って転売するしかありません。

リジュン(RiJUN)の購入方法は次のようにシンプルです。安く買う方法は1本か3本の定期だけ。

3本定期が一番安くて買いやすい方法!

購入方法 値段(送料込み)
単品 7,076円
定期コース 初回 3,218円
定期コース 2回目以降 5,378円
3本定期 1本当たり 4,118円
 

普通に使うには何も問題ないんですが、転売するためには、安く大量に購入できないと利益が見込めません(-“-)

6本セットで最安なんかがあれば好都合なんですけどね。

3本定期では商品を集めにくく、利益を少し乗せると1本定期と同じになる。もうかる値段がつけにくいんです。出店料を負担してまで参入する意欲が出ないんでしょうね。

公式サイトなら家族にバレないように配送してくれる

リジュン(RiJUN)を買うと、自宅に届けられます。

育毛剤って、使っていることを知られたくないもの(;´Д`)

家族なら知られてもよさそうなものですが、いやなものはいやです。

その点リジュン(RiJUN)は親切です。箱はもちろん無地のダンボールだし、送り状の品名欄には何も書かれていません。


出典元:リジュン

中身がわからない梱包なので、育毛剤を買ったことは家族には気づかれずにすみます(*‘∀‘)

これがアマゾンや楽天なら、品名がはっきり印字されます。育毛剤を買ったのが確実にバレバレに~

まとめ~リジュンを買うならココしかない!~

リジュン(RiJUN)は店頭では売っていません。売り場は多いほうがよく売れ、よく儲かると思いがち。

でも、そうじゃないんですね(;・∀・)

通販に特化すれば店舗販売にはないメリットが受け取れ、少ない資金で効率のいい販売が可能に。

メリットは購入側にあり!安くて高品質なリジュン(RiJUN)が、サポートや返金保証に守られながら自宅で購入できます。

今のところ公式サイトだけでの販売ですが、そのうち楽天やアマゾンでも扱うかも。すると、たぶん出店料で高くなるでしょうし、他のデメリットも出てきます。

情況がどう変わろうと、リジュン(RiJUN)の購入は安心と安全の公式サイト一択(^^)/

リジュンの公式サイト ⇒